三重塔

寺院

布施弁天

布施弁天は、千葉県柏市にある真言宗の寺院で、上野不忍池・江の島とともに「関東三弁天」のひとつとされています。現在の利根川沿いの丘の上に建ち、本堂・楼門・鐘楼はいずれも江戸時代のもので、千葉県の指定文化財です。多宝塔式の鐘楼は「からくり伊賀...
寺院

芝山仁王尊

芝山仁王尊は、千葉県山武郡芝山町にある天台宗の寺院で、仁王門に安置される仁王尊は火事除けや泥棒避けのご利益で知られます。正式には「観音教寺」といい、奈良時代に十一面観音を本尊として藤原継縄が創建したと伝えられます。境内には江戸時代の三重塔...
寺院

信濃国分寺

信濃国分寺は、長野県上田市にある寺院で、聖武天皇の勅願により全国に建てられた国分寺の法灯を継ぐものとされ、境内には国重要文化財の三重塔などが建っています。別名を「八日堂」といい、毎年1月の「八日堂縁日」では蘇民将来の護符が頒布されにぎわい...
スポンサーリンク
寺院

三明寺

三明寺は、「豊川弁財天」とも呼ばれる愛知県豊川市の曹洞宗の寺院で、大宝年間の創建とされています。境内には国の重要文化財に指定される室町時代の三重塔があるほか、本堂内に安置される弁財天を祀った厨子も同様に重要文化財となっています。
寺院

板橋不動尊

板橋不動尊は、茨城県つくばみらい市にある真言宗の寺院で、弘法大師が不動明王を彫刻して安置したのがはじまりと伝えられます。戦乱などによって諸堂を焼失するものの、江戸時代には再建されており、本堂以下の建物は茨城県の指定文化財となっています。境...
寺院

安楽寺

安楽寺は、長野県上田市の別所温泉にある曹洞宗の寺院で、国宝の八角三重塔があることで知られます。この八角塔は、歴史的な木造建築としてはわが国でも現存する唯一のものとなっています。また、禅宗の寺院としても、鎌倉の建長寺などと並ぶ古さを誇ってい...
寺院

成田山新勝寺

成田山新勝寺は、千葉県成田市にある寺院で、平将門の乱に際して京都から下向した寛朝僧正が調伏の祈祷を行ったときに携えていた不動明王を本尊としています。江戸時代には歌舞伎役者の市川團十郎が帰依して「成田屋」の屋号を名乗ったのはよく知られていま...
寺院

清水寺

清水寺は、坂上田村麻呂の創建と伝え、「清水の舞台」で知られる懸崖造りの本堂をもつ京都市東山区の寺院です。秘仏の千手観音を祀る西国三十三観音霊場の第16番札所でもあり、国宝の本堂はじめ文化財は多く、世界遺産にも登録されています。
寺院

三井寺(園城寺)

滋賀県大津市の園城寺は、天台寺門宗の総本山で、天智天皇・天武天皇・持統天皇の産湯に用いた井戸があることから「三井寺」と通称されます。国宝の金堂や西国三十三観音霊場の札所・観音堂などの貴重な建築物が数多くあり、近江八景の「三井の晩鐘」の風景...
寺院

方広寺(奥山半僧坊)

静岡県浜松市の方広寺は、鎮守の名により「奥山半僧坊」とも称される、臨済宗方広寺派の大本山です。南北朝時代に後醍醐天皇の皇子・無文元選を開山として創建されたもので、約60ヘクタールの境内には巨大な本堂、三重の塔、半僧坊真殿などの伽藍が営まれ...
スポンサーリンク