所得税の確定申告

名古屋東税務署の所在地・電話番号・税務署番号・申告会場ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間における所得を計算して、所得税および復興特別所得税の額を申告納税するか、またはすでに納め過ぎとなっている所得税および復興特別所得税の還付申告をするための手続きのことをいいます。


ショートカットメニュー

名古屋東税務署の地図
署番号税務署番号 【署番号と税務署番号は違います】
郵便番号(事業所個別番号)・住所電話番号管轄区域開庁時間


確定申告を期限までにしなかった場合

確定申告を定められた期限までにしなかった場合であっても、気づいた場合にはできるだけ早く申告ほすることが必要です。この場合に期限後申告という扱いになりますが、申告によって納めるはずの税金のほかに、無申告加算税が課されます。それぞれの年分の無申告加算税は、納付すべき税額に対して、50万円までは15パーセント、50万円を超える部分は20パーセントの割合を乗じて計算した金額が原則となっています。また、税務署による税務調査で申告をしなかったことを指摘される前に、自主的に期限後申告をした場合には、この無申告加算税が5パーセントに軽減されます。


確定申告書のOCR処理

イータックス(e-tax)による電子申告を利用せず、確定申告書を紙のままで税務署に提出する場合であっても、現在では税務署でその申告書をスキャンしてイメージデータ化し、OCR処理をすることによって、書かれている内容をデジタルな数値データなどに変換しています。所得税(及び復興特別所得税)の確定申告書のほか、青色申告決算書、収支内訳書、住宅借入金等特別控除額の計算明細書で同様のOCRの技術が使われています。このようにOCR処理をする上では、確定申告は特別な用紙で提出する必要があり、民間で市販されている会計ソフト、経理ソフトを利用する場合であっても、各ソフトウェアメーカーでは国税庁が公開しているOCR処理のための仕様に準拠しています。


名古屋東税務署の住所・電話番号ほか

名古屋東税務署案内図

税務署名 名古屋東税務署
署番号 06103

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00041036

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒461-8621
愛知県名古屋市東区泉一丁目17番8号
電話番号 052-971-8665
管轄区域 東区
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで
備考 名古屋東税務署は、庁舎建替えのため平成30年5月21日(月)に仮庁舎へ移転しました。2020年度中に新庁舎に移転予定です。

確定申告期間と納期限

令和元年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は2月17日(月)から3月16日(月)までです。所得税及び復興特別所得税の納期限も、同じく3月16日(月)までです。ただし、還付申告の窓口での受付は2月17日以前であっても行えます。
土曜日・日曜日・祝日・12月29日から翌年1月3日までの日は、原則として税務署は休業となりますが、申告期間中の2月24日(休)及び3月1日(日)に限り、一部の申告会場では確定申告の相談及び申告の受付を行います。


名古屋東税務署の確定申告会場

令和元年分(2019年分)の名古屋東税務署管内の確定申告について、その申告会場と開設期間は次のとおりです。

申告会場

中産連ビル2階集会室(名古屋市東区白壁三丁目12番13号)

開設期間

令和2年(2020年)2月17日(月)から3月16日(月)まで



 




令和元年分の確定申告期間


令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の期間は、2月17日(月)から3月16日(月)までです。申告会場が税務署外の公共施設やデパート、オフィスビル内などに開設される場合もあるのでご注意ください。


↑ ページの最初に戻る