所得税の確定申告

粉河税務署の所在地図・電話番号・開庁時間・管轄区域ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までのすべての所得を計算し、納税者みずからが申告・納税するための手続きのことをいいます。この手続きによって、年間の所得税の額が確定しますが、あらかじめ源泉徴収のたは予定納税で支払い済みの額がある場合には、この確定申告を通して精算をすることができます。


ショートカットメニュー

粉河税務署の地図
署番号税務署番号 【署番号と税務署番号は違います】
郵便番号(事業所個別番号)・住所電話番号管轄区域開庁時間


確定申告書添付書類台紙

確定申告書を税務署へ提出する際には、毎回「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要ですが、もしも本人確認書類の写しを添付する場合は、確定申告書の様式に付属している「添付書類台紙」に貼付します。マイナンバーカードを所持している場合には、その表面と裏面の両方のコピーをとって、台紙の「本人確認書類(写)」とある欄ののりしろ部分に貼り付けます。マイナンバーカードを所持していない人は、番号確認書類と身元確認書類をそれぞれコピーして貼り付けます。この場合の「番号確認書類」は、たとえば、通知カードやマイナンバーが記載された住民票、「身元確認書類」は、運転免許証やパスポートなどが該当します。


反面調査とは

反面調査とは、税務署が行う税務調査の一種で、通常のように納税者自身を対象とするのではなく、その取引先などの相手を対象とするものを指しています。たとえば納税者本人が示した帳簿や領収書などを税務署員が調査したところ、資産隠しや税金逃れなどが疑われる不審な点が見つかったものの、確証が得られない場合に、その裏付けをとるために取引先のほうにも調査に入る場合などが考えられます。国税通則法と呼ばれる法律の規定により、この場合の税務署員には質問をしたり、帳簿書類その他の物件を検査したり、提示または提出を求めることができる権限(質問検査権)が与えられています。


粉河税務署の住所・電話番号ほか

粉河税務署案内図

税務署名 粉河税務署
署番号 03503

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00036531

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒649-6592
和歌山県紀の川市粉河807
電話番号 0736-73-3301
管轄区域 橋本市、紀の川市、岩出市、伊都郡
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで
備考


 




消費税の改正


令和元年10月1日から、消費税及び地方消費税の税率が8パーセントから10パーセントに引き上げられるとともに、軽減税率制度が実施されます。


↑ ページの最初に戻る