所得税の確定申告

和歌山税務署の所在地・電話番号・税務署番号・申告会場ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までのすべての所得を計算し、納税者みずからが申告・納税するための手続きのことをいいます。この手続きによって、年間の所得税の額が確定しますが、あらかじめ源泉徴収のたは予定納税で支払い済みの額がある場合には、この確定申告を通して精算をすることができます。




マイナンバーが省略できる申告手続

個人の所得税等の確定申告にあたっては、マイナンバーカードの提示や写しの添付などが原則として必要とされています。これは「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律施行規則」の規定に基づくものです。ただし、これには例外があり、過去に「開業届出書」などを提出し、すでにマイナンバーの確認が行われている人である場合には、青色申告の所得税及び復興特別所得税の確定(修正)申告、個人事業者の消費税及び地方消費税の中間申告及び確定(修正)申告手続は、マイナンバー確認書類の添付や提示が不要となっています。(運転免許証などの身元確認書類の提示は必要です。)


医療費控除の対象とは

医療費控除の対象となる医療費とは、病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額とされています。これは病院における通常の病気やけがの診療や治療だけではなく、治療のためのはり・きゅう・あん摩・マッサージによる施術、介護福祉士によるたん吸引、治療に必要な医薬品の購入代金なども含まれます。ただし、病気の治療などには直接結びつかない、審美性を目的にした歯のホワイトニング、発毛促進などは除かれます。


和歌山税務署の住所・電話番号ほか

和歌山税務署案内図

税務署名 和歌山税務署
署番号 03501

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00036516

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒640-8520
和歌山県和歌山市二番丁3 和歌山地方合同庁舎
電話番号 073-424-2131
管轄区域 和歌山市
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで
備考 和歌山税務署は、平成29年9月19日(火)に新庁舎(和歌山地方合同庁舎)へ移転しました。

確定申告期間と納期限

令和元年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の窓口での受付期間は、2020年2月17日(月)から3月16日(月)までです。所得税及び復興特別所得税の納期限も、同じく3月16日(月)までです。ただし、還付申告の窓口での受付は2月17日以前であっても行えます。
土曜日・日曜日・祝日・12月29日から翌年1月3日までの日は、原則として税務署は休業となりますが、申告期間中の2月24日(休)及び3月1日(日)に限り、一部の申告会場では確定申告の相談及び申告の受付を行います。


和歌山税務署の確定申告会場

令和元年分(2019年分)の和歌山税務署管内の確定申告について、その申告会場と開設期間は次のとおりです。


申告会場

和歌山税務署(和歌山市二番丁3 和歌山地方合同庁舎)

開設期間

令和2年(2020年)2月17日(月)から3月16日(月)まで



 




令和元年分の確定申告期間


令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の期間は、2020年2月16日(窓口の受付は2月17日(月))から3月16日(月)までです。申告会場が税務署外の公共施設やデパート、オフィスビル内などに開設される場合もあるのでご注意ください。


↑ ページの最初に戻る