所得税の確定申告

右京税務署の所在地・電話番号・税務署番号・申告会場ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税及び復興特別所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額と、これに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに税務署に確定申告書を提出して、既に源泉徴収されている税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続のことをいいます。

 確定申告が4月16日まで延長


新型コロナウイルス拡大防止のため、所得税の確定申告期限と納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税を選択した場合の振替日も5月15日(金)に変更となります。



税務署の時間外収受箱

税務署の開庁時間外や土曜日・日曜日・休日には窓口が閉まっていますので、確定申告書などを窓口に提出することが原則としてできません。ただし、この場合であっても、税務署には「時間外収受箱」と呼ばれる郵便ポストのようなボックスが備え付けてありますので、ここに投函しておけば、開庁の際に取り出されて受理してもらうことができます。通常は税務署の門扉や出入口の脇などに設置されています。


納税が遅れた場合の延滞税

毎年の所得税の確定申告の期間は原則として3月15日まで(土日祝日の場合は除く)となっており、所得税の支払いをする期限、いわゆる納期限もこの日とされています。しかし、税金が定められた期限までに納付されない場合には、法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課税されることとなっています。延滞税が課税されるケースとしては、確定申告をしたのに納税を忘れていた場合はもちろん、確定申告を期限までにしておらず、遅れて期限後申告をしたために納税も遅れた場合も含まれます。延滞税の割合は、納期限の翌日から2か月を経過する日までは原則として年7.3パーセント、納期限の翌日から2か月を経過した日以後は原則として年14.6パーセントの2段階に分かれています。


右京税務署の住所・電話番号ほか

右京税務署案内図

税務署名 右京税務署
署番号 03207

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00035671

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒615-0007
京都府京都市右京区西院上花田町10の1
電話番号 075-311-6366
管轄区域 右京区、西京区、向日市、長岡京市、乙訓郡
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで(確定申告会場の受付時間とは必ずしも一致しません。
備考

確定申告期間と納期限

令和元年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の窓口での受付期間は、令和2年(2020年)2月17日(月)から4月16日(木)まで(新型感染症対策で今年に限り1か月延長)です。所得税・復興特別所得税の納期限は4月16日(木)まで、振替納税の場合の口座引落し日は5月15日(木)です。ただし、還付申告の窓口での受付は2月17日より前であっても行えます。
土曜日・日曜日・祝日・12月29日から翌年1月3日までの日は、原則として税務署は休業となりますが、申告期間中の2月24日(休)及び3月1日(日)に限り、一部の申告会場では確定申告の相談及び申告の受付を行うことがあります。


3月17日以降(延長期間)の右京税務署の確定申告会場

令和元年分の右京税務署管内の確定申告について、期間延長後の申告会場と開設期間は次のとおりです。


申告会場

西陣織会館(京都市上京区西堀川通元誓願寺上堅門前町414)

開設期間

令和2年(2020年)4月16日(木)まで
相談受付は16時まで

※  土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署の業務は休業です。



 




令和元年分の確定申告期間


令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の期間は、2020年2月16日(窓口の受付は2月17日(月))から4月16日(木)まで(新型感染症対策で今年は1か月延長)です。
贈与税や個人事業者の消費税の申告・納付期限も4月16日(木)まで延長されました。


↑ ページの最初に戻る