所得税の確定申告

鶴見税務署の所在地・電話番号・税務署番号・申告会場ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間における所得を計算して、所得税および復興特別所得税の額を申告納税するか、またはすでに納め過ぎとなっている所得税および復興特別所得税の還付申告をするための手続きのことをいいます。

 確定申告が4月16日まで延長


新型コロナウイルス拡大防止のため、所得税の確定申告期限と納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税を選択した場合の振替日も5月15日(金)に変更となります。



無申告加算税を課税されない場合

毎年の確定申告の期限までに申告をしなかった場合には、無申告加算税が課税されることがあります。しかし、期限後に申告をする、いわゆる期限後申告の場合であっても、一定の要件を満たす場合には、課税されないことになっています。この条件ですが、期限後申告が法定申告期限から1月以内に自主的に行われていて、なおかつ、法定納期限までに納税すべき金額が納付されていて、5年前までに無申告加算税又は重加算税を課税されず、無申告加算税の不適用も受けていないこととなっています。


老人ホームでの飲食提供

消費税の軽減税率の対象にはならないケータリングサービスとは、「相手方が指定した場所において行う役務を伴う飲食料品の提供」のことを指しています。しかし、このような形態に該当する場合であっても、一定の要件を満たす場合には、ケータリングにはあたらず、軽減税率の8パーセントが適用されることがあります。たとえば、老人福祉法第29条第1項の規定による届出が行われている有料老人ホームにおいて、その有料老人ホームの設置者又は運営者が、有料老人ホームの一定の入居者に対して行う飲食料品の提供は、軽減税率の対象とされてます。


鶴見税務署の住所・電話番号ほか

鶴見税務署案内図

税務署名 鶴見税務署
署番号 01215

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00031992

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒230-8550
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目38番32号
電話番号 045-521-7141
管轄区域 鶴見区
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで(確定申告会場の受付時間とは必ずしも一致しません。
備考

確定申告期間と納期限

令和元年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の窓口での受付期間は、令和2年(2020年)2月17日(月)から4月16日(木)まで(新型感染症対策で今年に限り1か月延長)です。所得税・復興特別所得税の納期限は4月16日(木)まで、振替納税の場合の口座引落し日は5月15日(木)です。ただし、還付申告の窓口での受付は2月17日より前であっても行えます。
土曜日・日曜日・祝日・12月29日から翌年1月3日までの日は、原則として税務署は休業となりますが、申告期間中の2月24日(休)及び3月1日(日)に限り、一部の申告会場では確定申告の相談及び申告の受付を行うことがあります。


3月17日以降(延長期間)の鶴見税務署の確定申告会場

令和元年分の鶴見税務署管内の確定申告について、期間延長後の申告会場と開設期間は次のとおりです。


申告会場

鶴見税務署(横浜市鶴見区鶴見中央4丁目38番32号)

開設期間

令和2年(2020年)4月16日(木)まで
受付:午前8時30分から午後4時まで(提出は午後5時まで)、相談:午前9時15分から午後5時まで

※  土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署の業務は休業です。



 




令和元年分の確定申告期間


令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の期間は、2020年2月16日(窓口の受付は2月17日(月))から4月16日(木)まで(新型感染症対策で今年は1か月延長)です。
贈与税や個人事業者の消費税の申告・納付期限も4月16日(木)まで延長されました。


↑ ページの最初に戻る