所得税の確定申告

渋谷税務署の所在地・電話番号・税務署番号・申告会場ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までのすべての所得を計算し、納税者みずからが申告・納税するための手続きのことをいいます。この手続きによって、年間の所得税の額が確定しますが、あらかじめ源泉徴収のたは予定納税で支払い済みの額がある場合には、この確定申告を通して精算をすることができます。

 4月17日以降も申告可能


国税庁の4月6日付け発表によれば、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月16日まで延長していた所得税の確定申告期間について、17日以降も申し出があれば延長を認める取り扱いとなりました。



所得税の確定申告書のデータ送信(国税連携)

所得税の確定申告をした場合には、住民税の申告は不要になります。これは確定申告書の写しが市区町村役場に引き継がれるためですが、以前は紙でのやり取りとなっていたものが、現在ではインターネットを利用した電子申告、いわゆるe-tax(イータックス)が普及したことにより、データでのやり取りもてぎるようになりました。これを「国税連携」と呼んでいますが、確定申告の申告書データは日次処理されることとなり、市区町村役場での課税関連の業務が大幅に効率化されています。


年末調整の提出書類と期限

年末調整は、年の最後に給与の支払をする時に行うことになっていますので、通常は11月から12月にかけて、社員に対して申告書の様式を配布し、職場ごとに取りまとめを行っている企業が多いようです。
ただし、給与の支払者が税務署に法定調書を提出する期限は翌年1月31日までとなっていますので、何らかの事情がある場合(保険会社から期限までに控除証明書が届かない、申告書提出後に扶養家族の数が変わったなど)には、それまでの間に年末調整のやり直しなどをすることができる場合があります。
この年末調整ではさまざまな控除を受けることが可能ですが、その際には、控除の種類にあわせて「扶養控除等 (異動)申告書」、「配偶者控除等申告書」、「保険料控除申告書」又は「住宅借入金等特別控除申告書」に記入し、必要に応じて関係書類を添付の上で勤務先に提出します。


渋谷税務署の住所・電話番号ほか

渋谷税務署案内図

税務署名 渋谷税務署
署番号 01141

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00031394

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒150-8333
東京都渋谷区宇田川町1番10号
電話番号 03-3463-9181
管轄区域 渋谷区
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで(確定申告会場の受付時間とは必ずしも一致しません。
備考

確定申告期間と納期限

令和元年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の窓口での受付期間は、令和2年(2020年)2月17日(月)から4月16日(木)まで(新型感染症対策で今年に限り1か月延長)です。所得税・復興特別所得税の納期限は4月16日(木)まで、振替納税の場合の口座引落し日は5月15日(木)です。ただし、還付申告の窓口での受付は2月17日より前であっても行えます。
土曜日・日曜日・祝日・12月29日から翌年1月3日までの日は、原則として税務署は休業となりますが、申告期間中の2月24日(休)及び3月1日(日)に限り、一部の申告会場では確定申告の相談及び申告の受付を行うことがあります。

【追記】外出制限などでなお期間内に申告が難しい場合は、申し出があれば4月17日以降も期限を定めずに申告書を受け付ける取り扱いとなっています。4月17日以降の申告相談は、原則として事前予約制になります。


3月17日以降(延長期間)の渋谷税務署の確定申告会場

令和元年分の渋谷税務署管内の確定申告について、期間延長後の申告会場と開設期間は次のとおりです。


申告会場

渋谷税務署(渋谷区宇田川町1番10号)

開設期間

令和2年(2020年)4月1日(水)から4月16日(木)まで
受付:午前8時30分から午後4時まで、相談:午前9時15分から

※ 住友不動産渋谷ファーストタワー2階 ベルサール渋谷ファースト(3月31日まで)から変更となりますのでご注意ください。土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署の業務は休業です。



 




令和元年分の確定申告期間


令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の期間は、新型感染症対策のため2020年4月16日(木)まで1か月延長されました。
贈与税や個人事業者の消費税の申告・納付期限も同様です。

ただし、外出制限などでなお期間内に申告が難しい場合は、申し出があれば4月17日以降も期限を定めずに申告書を受け付ける取り扱いとなっています。4月17日以降の申告相談は、原則として事前予約制になります。


↑ ページの最初に戻る