所得税の確定申告

鹿屋税務署の所在地・電話番号・税務署番号・申告会場ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する税額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出することであり、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続きです。




消費税の軽減税率

2019年10月1日から、消費税及び地方消費税の税率が8パーセントから10パーセントに引き上げられ、同時に消費税の軽減税率制度が実施される予定となっています。この軽減税率の対象品目となる飲食料品は、食品表示法に規定する食品(酒類を除く。)をいい、外食やケータリング等は含まれません。同じく軽減税率の対象となる新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものと定義されています。軽減税率に関する問い合わせ窓口としては、消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)、専用ダイヤル 0570-030-456があり、受付時間は9時から17時まで、土・日・祝日を除きます。


';

同居老親等とは

年末調整などの税務の手続きでいう「同居老親等」とは、「老人扶養親族」、すなわち「控除対象扶養親族」のうち年齢70歳以上の人の中でも、所得者又はその配偶者の直系尊属(父母や祖父母など)で所得者又はその配偶者のいずれかとの同居を常況としている人のことをいいます。年末調整の手続きにおいてこの「同居老親等」に該当するかどうかは、年末調整を行う日の現況により判定します。この場合、対象者が病気で入院していたり、夫婦世帯と親世帯が同一敷地の別棟に居住していたりして、厳密な意味で同じ建物には同居していないとしても、日常生活を共にしているのであれば「同居老親等」に該当します。逆に所得者が転勤のため住所を変更して親と別居したのであれば、「同居老親等」には該当しません。


鹿屋税務署の住所・電話番号ほか

鹿屋税務署案内図

税務署名 鹿屋税務署
署番号 11317

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00051774

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒893-8691
鹿児島県鹿屋市西原4丁目5番1号
電話番号 0994-42-3127
管轄区域 鹿屋市、垂水市、肝属郡
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで(確定申告会場の開場時間とは異なります。)
備考

確定申告期間と納期限

令和元年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の窓口での受付期間は、2020年2月17日(月)から3月16日(月)までです。所得税及び復興特別所得税の納期限も、同じく3月16日(月)までです。ただし、還付申告の窓口での受付は2月17日より前であっても行えます。
土曜日・日曜日・祝日・12月29日から翌年1月3日までの日は、原則として税務署は休業となりますが、申告期間中の2月24日(休)及び3月1日(日)に限り、一部の申告会場では確定申告の相談及び申告の受付を行うことがあります。


鹿屋税務署の確定申告会場

令和元年分(2019年分)の鹿屋税務署管内の確定申告について、その申告会場と開設期間は次のとおりです。


申告会場

鹿屋税務署(鹿屋市西原4丁目5番1号)

開設期間

令和2年(2020年)2月17日(月)から3月16日(月)まで

※ ただし、土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署の業務は休業です。



 




令和元年分の確定申告期間


令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の期間は、2020年2月16日(窓口の受付は2月17日(月))から3月16日(月)までです。申告会場が税務署外の公共施設やデパート、オフィスビル内などに開設される場合もあるのでご注意ください。


↑ ページの最初に戻る