所得税の確定申告

日田税務署の所在地図・電話番号・開庁時間・管轄区域ほか


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税及び復興特別所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額と、これに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに税務署に確定申告書を提出して、既に源泉徴収されている税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続のことをいいます。


ショートカットメニュー

日田税務署の地図
署番号税務署番号 【署番号と税務署番号は違います】
郵便番号(事業所個別番号)・住所電話番号管轄区域開庁時間


申告書へのマイナンバーの記載

確定申告書を税務署へ提出する際には、毎回「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。
所得税等の確定申告書B様式第一表(自営業者などが使用)、A様式第一表(サラリーマンなどが使用)とも、書式の右上部に「個人番号」と書かれた12ケタの欄がありますので、ここに申告者本人のマイナンバーを記載します。申告書第二表のマイナンバーの記載箇所は、様式により異なりますが、B様式第二表については、配偶者、扶養親族、事業専従者のマイナンバーを、A様式第二表についても同様に、配偶者、扶養親族のマイナンバーを記載します。


申告書のOCR処理とダブルチェック

確定申告書は最初の第一表とよばれる様式のほかにも、第二表、第三表や計算書、明細書などのさまざまな様式があり、実際には第一表と同じ内容が含まれていることも少なくはありません。しかしこのように手間がかかることにも一定の効用はあります。たとえば、確定申告書は手書きで税務署に提出したとしても、いったんイメージデータに取り込んでOCR処理をすることによって、機械的にそのなかの金額などのデータを抽出しています。そのため申告書の各欄の金額を間違えて記載した場合には、抽出されたデータのほうも間違えた状態になっているはずですが、第一表のほかにも第二表などの様式があることによって、それらを突き合わせて整合性をチェックすることで、金額の間違いがシステムのなかで容易に発見できるようになっています。


日田税務署の住所・電話番号ほか

日田税務署案内図

税務署名 日田税務署
署番号 11215

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00051451

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒877-8691
大分県日田市田島2丁目7番1号
電話番号 0973-23-2136
管轄区域 日田市、玖珠郡
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで
備考


 




所得税の確定申告期間


所得税の確定申告期間は3月15日(郵送の場合は消印有効)に終了しました。
確定申告を期限までにしなかった場合には無申告加算税なとが課税されることがあります。


↑ ページの最初に戻る