運転免許証の更新手続

足利警察署での免許更新


運転免許証は表面に記載された有効期間を過ぎると失効してしまいます。そこで原則として誕生日の1か月前から1か月後までの期間中に、運転免許証の更新申請をすることが必要です。
足利警察署の窓口で手続をする場合には、以下のように対象者や開庁時間などがあらかじめ決められています。



 新型感染症対策による免許更新期限延長


新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、免許更新期限が令和2年3月13日から12月28日までの人が、更新期限前に運転免許センターや警察署等に申し出れば、期限後3か月間は運転が可能になる特例措置が実施されています(当初予定から延長されました)。ただし、この期間内に更新時講習や適性検査などの通常の免許更新手続きは改めて受ける必要があります。

すでに更新期限を延長した人であっても、この期間内に期限があれば再延長は可能です。


日曜開庁と会場の混雑

運転免許証の更新手続などの警察業務については、土曜日、日曜日、国民の休日、年末年始には取り扱わないのが原則ですが、現在はドライバーの利便性なども考慮して、都道府県ごとに定められた運転免許センターや運転免許試験場などの会場において、特別に日曜開庁を実施するようになっています。
基本的に平日とは違ってその他の窓口は開いていませんので、特にゴールデンウイークやシルバーウィーク、お盆、年末年始期間の直前直後などの時期には、これらの会場が大混雑することがありますので注意が必要です。
愛知県のようにツイッターで運転免許試験場の混雑状況を知らせたり、逆に事前予約制にしてそれ以外は受け付けないようにするといった、それぞれの都道府県ごとの工夫もみられます。


運転免許証の暗証番号を間違えた場合

現在の運転免許証はいわゆる「ICカード免許証」となっており、外側からはわかりませんが、「免許の条件等」と書かれた空白の部分の隅のほうに小さなICチップが挟み込まれています。そのため運転免許証の更新時などに本人が任意の暗証番号を設定するしくみとなっていますが、もしも設定済みの暗証番号を3回続けて間違えて入力した場合、それ以降はセキュリティ上の観点からICチップに記録された内容の読み取りができなくなります。再び暗証番号の読み取りをかまうにするには、運転免許試験場、免許センター、警察署などの窓口にそのつど申請しなければなりませんので注意が必要です。


足利警察署での免許更新手続の概要



所在地・電話番号 足利警察署
〒326-0045
栃木県足利市千歳町94番地7
TEL : 0284-43-0110
対象者・受付日時 警察署の管轄区域内に居住する人
ただし、今回更新で優良運転者になる人は県内どこの警察署でも受付可。
月曜日から金曜日
ただし、休日や年末年始(12月29日から1月3日)は除く。
優良運転者:8時30分から11時20分、13時から16時20分
一般運転者:10時から10時30分、14時30分から15時
違反・初回運転者:8時30分から11時30分、13時から16時30分
持ち物・必要書類
  • 運転免許証
  • 更新連絡書(ハガキ)
  • 手数料
  • 高齢者講習終了証明書(70歳以上の人のみ)
備考  
 

更新手数料・講習手数料

運転免許証を更新するにあたっては、更新手数料と講習手数料の両方がかかります。通常は道府県の「収入証紙」(交通安全協会の窓口などで販売しています。)を更新申請書に貼付し、一部の都府県では現金をもって納付します。
なお、金額は更新時講習の区分(優良運転者講習・一般運転者講習など)により異なります。
また、都道府県交通安全協会はドライバーの意思による任意加入のため、ここに掲げる手数料には含まれません。


更新手数料・講習手数料
講習区分 講習手数料
更新手数料
合計額
優良運転者講習 500円
2,500円
3,000円
一般運転者講習 800円
2,500円
3,300円
違反運転者講習 1,350円
2,500円
3,850円
初回講習者講習 1,350円
2,500円
3,850円

講習時間

運転免許更新にあたっては所定の更新時講習を受ける必要がありますが、その講習時間は講習区分に応じてそれぞれ異なります。
いわゆる無事故・無違反の人は「優良運転者講習」の対象とされ、講習の所要時間は他と比較して短くて済む一方で、前回更新時から今回更新までの間に交通事故や道路交通法違反を犯して「違反運転者講習」を受けることになった人は、運転適性についての診断と指導の項目が加わるため、所要時間が長くなります。


更新時講習の所要時間
講習区分 講習時間
優良運転者講習 30分
一般運転者講習 60分
違反運転者講習 120分
初回講習者講習 120分




↑ ページの最初に戻る