運転免許証の更新手続

運転免許証の更新手続


運転免許証にはそれぞれ有効期間があります。原則として、この有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日の1か月後、すなわち有効期間の満了する日までの間に更新の手続をしておかないと、運転免許証は失効します。



索引

北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
東京都
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
神奈川県
新潟県
山梨県
長野県
静岡県
富山県
石川県
福井県
岐阜県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

🖿 ホーム > 🖿 運転免許証の更新手続

連休中に迎える運転免許の有効期限


4月27日(土)から5月6日(月)までの期間内に有効期限を迎える運転免許証を持っている人は、自動的に有効期限が連休明け5月7日(火)まで延長されます。

高齢者講習の事前受講


運転免許の有効期間の満了日に年齢70歳以上になる人が免許証の更新をしようとするときは、満了日前6か月以内に高齢者講習を受けなければなりません。

この講習はDVDによる安全知識の再確認などのほか、実車指導を伴うため、全国各地にある指定自動車教習所などに予約をして受講します。

更新手続の際は、自動車学校からもらった「高齢者講習終了証明書」を持参すれば、改めて講習を受ける必要はありません。

↑ ページの最初に戻る

This site uses cookie to personalize content and ads. More